スポンサーサイト
top↑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
女性を拉致、ムリヤリ妻に。
top↑
なんでも評点さんの過去ログをモサモサ見ていたら発見。

>>気に入った女性を誘拐して無理やり自分の妻にしても逮捕されない?

学術的に立証されたことではなさそうだが、原始時代には、男が気に入った女を見つけたら棍棒で殴り倒して自分の妻にしていたという話をよく聞く。棍棒で殴り倒しはないが、男が町で“ナンパ”した独身女性を強引に自分の家に連れ込んで妻にすることが風習としてまかり通っている国があるという

イヤイヤ棍棒って…(´∀`;)
まぁ原始時代の話ですけど…殴る強さ間違ったら殺人★

さて、棍棒で殴らないにしろ、
現在もほぼ強制ケコーンぽい風習がある国。
キルギス共和国(キルギスタン)
どうもその風習(アラ・カチュー)ってのは
・男性が女性を拉致(自宅?
・女性は夕暮れまでに逃げ出せれば結婚しなくて済む
・逃げ出せなかった時、
 結婚を拒否した場合「汚れた女」の烙印を押される。
が大まかな感じなんでしょうか。

とっても迷惑な話ですね。

拉致られなきゃいい!と思っても、
所詮、女性の力じゃ男性には敵わないとですよ。
どんなに「汚れた女」と罵られようが自分なら断るだろうなぁ。
もう汚れてるし★とか言っときゃいいんでしょ。ふん。
そりゃぁ人によるだろうけども(金持ち来い!
多少宥められただけじゃ首を縦に振るとは思えないが、
拉致された女性の80%は結婚を受け入れてしまうんだそうな…。
いいの…?ホントにその人でいいの…?(´∀`;)(何

もちろんこういった行為は立派な犯罪ではあるようだが、
古くから伝わる風習のせいか、
国民の殆どが犯罪行為だという事を知らず、自覚もなく、
逮捕もされず放置、お咎めナシ…という事。
いやいや、もう少し取り締まろうよ…。


キルギスタンの男は、ちゃんと交際した上で結婚するより“アラ・カチュー”の方が簡単で安上がりだと言う。正規の手続きを踏んで結婚するとなると、新婦の親に10万円弱の結納金とウシ1頭を納める必要がある。

そんな事やってるから増加するんですよ。
っていうかアラ・カチューで結婚した場合は
どの程度の金やら物やらがかかるのか、ちょっと知りたい。

キルギスタンでは既婚女性の半分以上が
アラ・カチューで結婚したようで…。
逆に言えばそんだけ見初められたんだから光栄な事かもしれん。
拉致されないと「女性としての魅力がないのね!」みたいな。

んー…
誰か拉致って下さい!ワタシを娶って下さい!(何か違/ここ日本
スポンサーサイト
[2005/07/15 10:52] ザッキ | トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
≪マジレンジャー | ホーム | どことなくムリヤリな萌え産業≫
コメント
逆に女子が好みの男子を勝手に娶れる
バレンタインデー的なことは
どの国にいったら出来ますかね?
[2005/07/15 16:39] URL | masuming [ 編集] | top↑
ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓
誰か~楽の事も拉致して妻にしてくれーw
[2005/07/16 01:47] URL | がく [ 編集] | top↑
んじゃ、今度「ひのきの棒」を装備して迎えに行きます(恐
こうげきりょく+2ですがwwwww
[2005/07/18 09:58] URL | プリンチパ [ 編集] | top↑
もう汚れてるし★とか言っときゃいいんでしょ。ふん。←ちょっとかわいい
[2005/07/19 09:18] URL | イン [ 編集] | top↑
■masuming
 そんな素敵な国があったら是非ともお供させて頂きます。
 パスポートも速攻で取ります。

■がく殿
 微妙なのに拉致られないようにお互い注意しましょうね!

■プリンチパ殿
 ヨワ!ひのきの棒弱い!w
 お迎えマッテマス。

■イン
 うるせw
[2005/07/19 10:13] URL | クラ [ 編集] | top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://crafty.blog11.fc2.com/tb.php/84-a202feb9
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。